上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
自然に分裂する人工細胞


 約40億年前に太古の地球で誕生したと考えられている原初の細胞膜。それに見立てて作った”人工細胞”が、自然に分裂することを「大阪大のチーム」が発見し、2日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表しました。

チームは「あらゆる生命の起源といえる”原始細胞”が増えていった仕組みの解明につながるかもしれない」と述べました。

チームは、有機高分子物質(炭素を含む高分子)の3%水溶液を、生物の細胞膜と同じ組成の膜で包みました。これで直径約10マイクロメートル(1マイクロメートルは100万分の1メートル)の人工細胞の完成です。

これに、水中で電気刺激(雷を模した刺激)を与えたところ、二つの人工細胞が融合し、さらに数十秒後、自然に分裂して再び二つになりました。

seru01.jpg


同様の実験の話は、随分昔から耳にしていましたが、成功したと云うのは初めて聞きました。科学の進歩って本当にすごいです。
関連記事
スポンサーサイト
2012.04.03 Tue l 科学 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。