上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
歩くだけで携帯電話を充電する新素材


 アメリカの研究者が、ナノテクノロジー技術を使って歩くだけで携帯電話を充電する新素材の研究を進めていると、学会誌「ナノレターズ」の最新号に発表しました。

この素材「パワーフェルト」は米ノースカロライナ州の「ウェイクフォレスト大学」のチームが開発に当たっています。微小なカーボンナノチューブを合成樹脂繊維に閉じ込めることで、温度の変化を利用して充電します。

パワーフェルトを張り付けた携帯電話を手に持ったり、ポケットに入れたまま行動すると、体温が気温よりも上昇して温度変化が生じるので、その熱を吸い上げて電力に変換する仕組みです。

携帯電話のフル充電は無理にしても、1日活動すればバッテリーの持ち時間を1~2時間程度は延ばせそうだといいます。

また、自動車のエンジン熱をバッテリー充電に使ったり、太陽光パネルの発電量を増やしたり、懐中電灯やラジオといった非常用グッズの充電に使うなどの用途が考えられます。

さらに、熱を電気エネルギーに変換する=放熱作用なので、医療用の冷却剤として活用できる可能性もあるとみられています。
関連記事
スポンサーサイト
2012.04.02 Mon l 科学 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。