上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
4月から医療費改定

2年に一度見直されている医療費(診療報酬)が、4月から改定されます。特に今年は6年に一度の介護保険制度との同時改正のため、在宅医療の充実に主眼が置かれています。

患者の負担額は、上がるものもあれば下がるものもありますがトータルで見ればもちろん・・・

上がるもの:2回目以降の受診にかかる「再診料」(690円)、これまでは同じ日に同じ医療機関で複数の診療科にかかっても690円でした。4月からは二つ以上の診療科にかかると1030円がかかるようになります。

放射線治療を毎日のように受けている場合、これまでは治療日ごとに再診料がかかっていました。4月以降は、1週間単位の料金「外来放射線照射診療料」(2800円)が新設され、週に5日間通院した場合は、現在の3450円よりも負担が減ります。(通院が3日以内なら半額の1400円)

また、入院費用は期間にかかわらず1日3万7800円でした。4月からは、入院後30日までは4万7910円と約1万円高くなり、それ以降は現在より下がります。(高額療養費制度によって、患者負担額はあまり変わらない)

医師が緊急時や時間外に往診した場合、往診料に上乗せがありますが、4月からは常勤医が3人以上いるなどの条件を満たした医療機関は、上乗せ額がアップします。

この他にも子供(重度障害児)の訪問看護の拡充、先進医療の保険対象の拡充などが実施されます。
関連記事
スポンサーサイト
2012.03.31 Sat l 健康 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。