上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
新しいiPadの背面はホカホカ?

 3月16日に新発売された新しいiPad(アイパッド:タブレット型多機能携帯端末)は、19日までの4日間で販売台数300万台を突破しました。

新しいiPadは、現在米国、日本、オーストラリア、欧州、香港など11カ国・地域で同時発売されていますが、23日にはさらに24カ国・地域でも販売が開始されます。

2011年のiPadの売上高は200億ドルを超えており、タブレット端末市場でiPadが占めるシェアは約60%、今年中には販売台数は5000万台を突破すると予測されています。

こんな風に順風満帆に見えたiPadに、ちょっとした逆風が吹いて来ました。iPadを購入したユーザーから、使用中に底板が熱くなるとの苦情が出てきています。

熱画像カメラを使った検証では、最高で約47℃に達し、従来品のiPad2よりも13度高くなることが分かりました。

過熱の原因としては、バッテリーが大型化したため、あるいはゲーム用のグラフィックスチップ強化が原因だと推測されています。

熱くて持てないと云うほどではないようですし、すべての製品が加熱するわけではありませんが、人によっては気になるようです。
関連記事
スポンサーサイト
2012.03.22 Thu l グッズ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。