上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ライアーゲーム -再生- 観ました

 2010年3月に公開された前作「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」からもう2年経つんですね、時の移り変わりを感じます。

今回の映画はファイナルステージから2年後と、実際の時間と合わせています。

主人公は天才詐欺師秋山(松田翔太)ですが、ヒロインは戸田 恵梨香さんから多部未華子さんに変わっています。

篠宮ユウ(多部)の卒業式の日にライアーゲーム事務局から招待状が届く。ユウは大学で心理学の講義を行っている秋山に助けを求めるが、事務局の目的は2年前に煮え湯を飲まされた秋山だったというのが入りです。

ネタバレはやめておきますが、20億円をかけて20人のプレイヤーが争う「イス取りゲーム」で様々な心理戦が展開されます。

感想はと云えば、面白いけれど前作の方が上という感じです。なぜかといえば、テレビドラマや映画第一作のヒロイン神崎 直は裏切られても裏切らないという筋の通った人でしたが、今作の篠宮ユウはそうではありません。

また、人気子役の芦田愛菜ちゃんがアリスという名のガイド役で出てきますが、必然性は感じられません。ドラマで舞台裏を描くようですが、人気があるから出演させたという印象です。

敵役の一人、船越英一郎の演技も軽すぎる気が・・・

こんな感じで、少々荒が目立った気がする今作ですが、決して面白くない訳じゃあないです、観て損はないと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2012.03.05 Mon l 文化 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。