上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
気象予報士になるには

 テレビの天気予報を観ていて、気象予報士って自分でもなれるのかなってふと思ったんです。そこで少し調べてみました。

(実施機関)
(財)気象業務支援センター:質の高い気象情報サービスの実現を目指して、気象庁と民間気象事業を結ぶ役割を担うべく設立された公益法人。気象庁の保有する気象情報をオンライン・オフラインにより提供し、気象予報士試験や、各種講習会等の実施、関連図書の刊行等の事業を実施している。

気象予報士試験の実施は、(財)気象業務支援センターが気象業務法に基づき気象庁長官の指定(指定試験機関)を受けて行っています。

(気象予報士試験の目的)
平成5年5月に改正された気象業務法(第19条の3)の規定により、気象庁長官の許可を受けて予報業務を行おうとする者(予報業務許可事業者)は、予想を気象予報士に行なわせなければならないとなりました。

(気象予報士として以下を認定します)
1.今後の技術革新に対処しうるように必要な気象学の基礎的知識
2.各種データを適切に処理し、科学的な予測を行う知識および能力
3.予測情報を提供するに不可欠な防災上の配慮を適確に行うための知識および能力

☆受験資格☆誰でも受験できます。

試験地:北海道・宮城県・東京都・大阪府・福岡県・沖縄県
試験手数料:11、400円

試験の概要:学科試験と実技試験があります。
学科試験は:予報業務に関する一般知識と専門知識の二つがあり、原則として5つの選択肢から1つを選択する多肢選択式の型式です。

実技試験は:文章や図表で解答する記述式です。

試験の一部免除:学科一般・専門のいずれかまたは両方に合格された方は、申請により合格発表日から一年以内に行われる当該学科試験が免除されます。
気象業務に関する業務経歴又は資格を有する方は、申請により学科試験の一部又は全部が免除されます(詳細は受験資料参照)。

試験日:1月後半と8月後半の日曜、年2回
時間割
09:45~10:45 学科試験(一般知識) 多肢選択式
11:05~12:05 学科試験(専門知識) 多肢選択式
13:10~14:25 実技試験(3科目) 記 述 式
14:45~16:00 実技試験(3科目) 記 述 式

う~ん、受験資格が年齢も何もないというのは太っ腹ですね。勉強さえすれば小学生でも挑戦できるんですから。その内ちびっ子気象予報士誕生のニュースを目にする気がします。
関連記事
スポンサーサイト
2012.01.14 Sat l 資格 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。