上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
川内優輝選手頑張れ!

 東京マラソンで2時間7分台を出して、マラソンのロンドン五輪代表となることを目指していた川内優輝選手、給水の失敗が響き2時間12分51秒で14位に終わってしまいました。

五輪選考レース第1弾の2011年12月の福岡国際では日本人最高の3位に入りましたが、今大会は日本人9番手と大惨敗してしまいました。

対照的だったのが、同じ様に実業団に所属せず頑張っていた藤原新選手。2時間7分48秒で日本選手トップの2位に入り、初の五輪代表の切符と賞金400万円+BMWを獲得しました。

川内優輝選手は27日、勤務する埼玉・春日部高に頭を丸めて出勤し「応援してくれた方に何らかの誠意を見せないといけないと思った。さらし者になった方がいい」と語りました。

オリンピックをすっかり諦めた体の川内選手、まだ分かりませんよ。代表枠はまだ二つあるんです、諦めず活躍を続け道を切り開いて下さい・・・
関連記事
スポンサーサイト
2012.02.28 Tue l スポーツ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。