上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ギャンブル依存症が薬で治る?

 見返りが少ないとはっきりしている賭け事に、積極的に参加しようとする傾向のある人達は、脳内の神経伝達物質ノルアドレナリン(驚きや恐れの感覚を保つ作用を持つ)の働きが抑制されているそうです。

賭け事についのめり込んでしまう人の脳が持つそんな特性を、京都大の研究グループが見つけました。(21日に米科学誌に発表)

賭けに負けることで、自身にふりかかってくる危険に対する恐れを感じず、もしかしたら損をするかも・・・という心理が働きにくくなるようです。

研究グループは20~40代の男性19人に対して、コインを投げて表裏を当てる賭けを使った実験を行いました。もうけの幅を1万~10万円で設定し、被験者にもうけの額がどの程度なら参加するかを尋ねました。

得られた回答結果を、画像診断装置で調べた脳内でのノルアドレナリンの働き具合と比較したそうです。

すると、もうけが1万円しかなくても賭けに踏み切る人は、10万円で賭けに踏み切った人に比べて、ノルアドレナリンを吸収してしまい、その働きを止める物質が活発に働いていることがわかりました。

これまで「ギャンブル依存症」は強引に「賭け事を絶つ」しか治療方法がありませんでしたが、原因物質が分かったことで、薬物による治療の可能性がでてきたそうです。

関連記事
スポンサーサイト
2012.02.22 Wed l 健康 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。