上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
握力が強いほど長生き出来る?

 握力が強い人ほど長生きすることが、厚労省のの約20年間にわたる追跡調査で明らかになったそうです。
(読売新聞より)

さらに死亡リスクだけではなく、心臓病や脳卒中といった循環器病の発症リスクも低い傾向にあるそうで、今後は握力が健康状態を表す指標となる可能性もありそうです。

この調査は、福岡県久山町在住の2527人(男性1064人、女性1463人)に対して行われたものです。
男女別に握力が弱い方から、人数が均等になるように各4組に分けて、年齢や飲酒状況などを補正した上で、死亡原因との関係を調べたそうです。

握力の最も弱い組(男性35㌔未満、女性19㌔未満)を基準に各組を比べたところ、男女とも握力が強いほど死亡リスクが下がる傾向がみられました。

最も握力の強い組(男性47㌔以上、女性28㌔以上)の死亡リスクは、最も弱い組より約4割も低かったというから驚きです。

年齢による体の衰えは足腰からと云う考えは一般に浸透していますが、やはり上半身も含めてまんべんなく体を動かすことが大切なんでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト
2012.02.21 Tue l 健康 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。