上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ボッチャの練習

 今日、地元の地域交流センターで行われた、ボッチャの練習に参加しました。参加メンバーは多くて10人くらいですが、今日は7名でした。

この競技、年齢や体の障害にかかわらず、だれでも参加できるというコンセプトで行われている、バリアフリー競技です。

個人の腕前はともかく、確かにだれでも参加できることはいいことです。

でも、欠点もあります。野球でヒットを打った時のような、ゴルフでうまくかっ飛ばせたといのようないわゆる爽快感がありません。

そうはいってもやってみると結構奥が深くて面白くはあるのですが、個人的にはもう少し激しいスポーツがいいな・・・と思いつつ、練習には結構真面目に行っています。

【用語解説】
ボッチャ(Boccia):屋内で赤と青の2チームに分かれて行われる球技。脳性麻痺等の運動機能に障害がある競技者向けに考案された種目。パラリンピックの公式種目となっており、全世界で40カ国以上に普及している。

個人もしくは3人1組の2チームで争う。先行チームが投げるジャックと呼ばれる白い的球(まとだま)に、自チームのボールをどれだけ近づけられるかを競う。

障害者のみ参加できる競技ボッチャに加えて、健常者も参加できるレクリエーションボッチャの試合も行われている。
関連記事
スポンサーサイト
2012.04.14 Sat l 日記 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。