上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
サウジアラビアから初めて女性が五輪へ

 サウジアラビアの女性選手がロンドンオリンピックに出場が決まりました。同国から女性選手が五輪に参加するのは初めてです。

同国とカタール、ブルネイはこれまで女性の五輪参加を認めていませんでしたが、カタールとブルネイは今年に入り、ロンドン五輪に女性選手を送り出すと表明していました。

イスラム教国家のサウジアラビアでは、男女格差が大きくて女性の行動が厳しく制限されています。外出時は顔を隠さねばならず、教育も男女別、女性は車の運転も禁止されています。

男性を含む観衆の前でスポーツに参加するべきではないと、五輪にも参加できませんでしたが、国際的な男女同権の波がイスラム教国家をも少しづつ変えているようです。
スポンサーサイト
2012.06.27 Wed l スポーツ l コメント (0) l top
米女子100m-五輪代表決定はコイントスかも?

 
 23日に行われた、ロンドンオリンピックのアメリカ代表を決める女子100メートルの決勝レースで、2人の選手が同一タイムでゴールして3位となり、五輪代表がコイントスで選ばれる可能性が出てきました。

この試合で3位になったのは「アリソン・フェリックス」と「ジェネバ・ターモー」選手。

毎秒3000コマの撮影ができる高性能カメラでも、どちらが先にゴールしたかの判定ができず、記録はいずれも11秒068で同着とされました。

1位の「カーメリタ・ジーター選手」と2位の「ティアナ・マディソン選手」は五輪代表となることが確定しましたが、3人目の代表は3位の2人のどちらかを選ばねばならず、米五輪委員会は規定を変更して解決しようとしています。

2人のどちらが代表となるか決めるために、再決選レースまたはコイントスのどちらかを両選手に選んでもらうことになりました。

2人の意向が一致すればその方法を採用し、一致しない場合はレースを実施しますが、2人とも意思を表明しなかった場合は、米陸連の代表者が「コイントス」を行って五輪代表を決めることになりました。

両選手とも週内に別のレースを控えており、決戦日はまだ決まっていません。果たしてどうなりますやら…
2012.06.26 Tue l スポーツ l コメント (0) l top
マイク・タイソンの半生-ブロードウェーで上演

 マイク・タイソン(ボクシングの元ヘビー級世界王者)が、自分の半生を振り返るワンマンショーで米ニューヨークのブロードウェーにデビューします。

ショーのタイトルは「Undisputed Truth(紛れもない真実)」で、スパイク・リー氏が演出し、ロングエーカー・シアターで7月31日から8月5日まで上演予定です。

タイソンの半生とその心情をつづった作品だそうです。今年春にラスベガスで同じショーが上演されましたが、その時タイソンはインタビューを受け、以前世間で騒がれた出来事の裏話が語られると説明しました。

「愛妻との関係やリング内外での暴行事件、生い立ちや最愛の母の死など。子ども時代の自分や現在の自分の実像を見てもらう」と語っています。

同作品のシナリオを書いたのは、キキ(タイソン夫人)とディレクターのランディ・ジョンソン氏(元ピッチャーとは別人)だそうです。ちょっと観てみたい気がします。
2012.06.21 Thu l スポーツ l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。